概要

世界最速レベルのスキャナ

CZUR ET16 Plus

1ページ1.5秒の高速スキャンが可能なアーカイブデジタライザー

その名もCZUR(シーザー)

使い方は簡単3ステップ

1.本を置く
2.ページをめくる
3.本を戻す

たったこれだけで後はCZURが勝手にスキャンしてくれます。
もう大事な書籍を裁断する必要も、スキャナに押し付ける必要もありません。
CZURが自動で歪み補正やトリミング、汚れも除去してくれます。
しかも書画カメラとしても活用できる優れもの。
図書館に、オフィスに、自宅にと、活躍の場は実に様々。
既に購入に向けての賽は投げられています。

3つの画期的な特徴を紹介

1. 製本されたままの本や立体的な資料もそのままスキャン
今までのスキャナーでは自炊の際に紙媒体の書籍を切り離す必要がありましたが、CZURではその必要ありません。
ボタン一つで立体的な彫刻であっても瞬時にスキャン。データとして保存可能です。
活躍の場は図書館、博物館、オフィス等様々、大量の資料をスピーディーにデジタル化出来るので作業効率が格段に向上します。

2. デジタル化したデータは様々なアプリで共有・編集可能
CZURは実に一般的なデータ保存形式を標準装備しています。「Word」「PDF」「TIFF」「Excel」をサポート。
簡単に利用できる編集機能も備えてあるので単独でも本格的にアーカイブ化出来ます。

3. 動画機能の活用で更に実用性UP
この機能を活用すれば会議の場などで大勢の人に効率よく資料を伝えることもできますし、
遠方の拠点で確認しながらの録画も出来ます。
また、書画カメラ的な活用方法も出来ます。

 

インテリジェント画像処理ソフトウェア

トリムや歪み補正、カラーモード変更 等
細かい修正や補正も付属のソフトで修正が可能です。
他の機能はソフトウェアにてご紹介しております。

 

サンプル画像

下の写真は一例です。

サンプルにて他の例をご紹介中です。